野鳥調査情報(2015年11月16日)

本日実施しました、軽井沢野鳥の森の鳥類調査結果です。

今朝は曇り空でしたが、暖かな朝でした。
野鳥たちも活発でしたが、9時を過ぎて雲が晴れるとともに、
静かになって行きました。

確認できた野鳥は以下の通りです。

アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、カヤクグリ、ルリビタキ、ツグミ、エナガ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、キバシリ、ホオジロ、カシラダカ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ、イカル、シメ、カケス、ハシブトガラス、計26種類

木々が落葉して森の中の見通しが良くなったので、観察された数も種類も多かったです。
夏鳥の姿は消え、メジロやウグイスの声もありませんでした。

一方で冬鳥が増えています。
今日、確認した中では、カヤクグリ(声)、ルリビタキ、ツグミ、カシラダカ、マヒワ(声)、ベニマシコ、ウソ(声)、シメが冬鳥になります。

ルリビタキ151116
ルリビタキ

このルリビタキは、倒木の間をチョロチョロしながら、
ずっと小声でぐぜり鳴きをしていました。

ぐぜり鳴きとは、小声でさえずりのような鳴き方をする事で、
若いオスや、冬の暖かい日などに見られる行動です。

・・・見た目にはメスだと思ったのですが、若オスなのでしょうか?
やっぱりルリビタキの雌雄の見分けは難しいですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード