まだいたのね〜♪

軽井沢野鳥の森の木々も少しずつ葉が落ちて、
見通しが良くなりつつあります。
しかしまだまだ、野鳥の姿を見つけるには厳しいですね。

そんな中でも、熱心に野鳥を探されているお客様が見受けられます。
今日、出会った御婦人方は、コブシの梢に双眼鏡を向けていました。

教えてもらった場所を望遠レンズで覗くと、
視野に入ったのは何とオオルリでした。

オオルリ若♂151013
オオルリ若♂(かなりのトリミング)

頭から背中にかけてメスと同じような灰褐色をしているのは、
今年産まれのまだ若いオスです。
今まで、あまりじっくり見たことが無かったのですが、
大雨覆の端が白っぽくて、翼帯になるんですね。
成鳥では、こんな模様はありません。

それにしても、まだ野鳥の森にいたんですね。
オオルリは繁殖期を過ぎると、まったくと言っていい程鳴きません。
そのため、いてもなかなか気付けず、見つけられないのです。
だから秋のいつ頃、南に渡って居なくなったのか、よく判らない事が多いのです。

とりあえず、10月中旬まではいる可能性があるという事ですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード