またナナフシですが

8月の下旬になって、軽井沢は不順な天候が続いています。
半袖では寒い日もあるほど。
1枚上に羽織れる、長袖を持ってきた方が良いですよ。

でも今日は時々、晴れ間が見えて、少しムシムシした天気でした。
夕方、「野鳥の森ネイチャーウォッチング」を終えてオフィスへと歩いていると、
低い木の葉の上に、1匹のナナフシを見つけました。

シラキトビナナフシ150827

先日、ご紹介したエダナナフシに比べると、かなり小さめです。
そして短いながらも翅がある!!
トビナナフシの仲間の、シラキトビナナフシという種類です。

むりやり指で、翅を開いてみました。

シラキトビナナフシ翅開150827
「いやん」

普段、隠れている翅の部分は、薄いピンク色をしています。
何でそんな色が付いているのでしょうね。

外国の種類では、天敵に対して翅を広げて腹部を反り上げ、
威嚇するナナフシの姿が写真などで紹介されます。
日本のトビナナフシにも、そんな習性があるのでしょうか?
私は威嚇された事がないのですが・・・。

また、名前に「飛びナナフシ」とありますが、
実際、飛ぶ事ができるのでしょうか?

もちろん私は、飛んでいる所を見た事がありませんし、
そもそも羽ばたいている所さえ、見た事がありません。
指でつつくと、ポロッと落下しますが、翅を開く所も見た事がありません。

一体、何のための翅なのでしょうね?

個人的な希望としては、ムササビのように滑空したら、
格好良いなぁと思うのですが・・・。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード