何故!そこにいるの?

今日も軽井沢は暑い1日でした。

午後、ガイドに出ていた他のスタッフから、
「ムササビが枝に止まっていた!!」という信じがたい情報が・・・。
夕方、早速、カメラを持って、現地に急行しました。

ムササビ日中150801
「・・・・」

いました・・・。

どうやら他のスタッフが発見した場所で、
そのままじっとしていたようです。
カメラを向けて写真を撮っても逃げません。
それどころか、しばらくすると目を閉じて、寝ているような仕草をします。

ムササビは夜行性なので、日中は普通、
樹洞や巣箱、屋根裏などに作った巣で寝ています。
何故、周囲から丸見えの、枝の上で寝ているのでしょうか?
いろいろ想像してみました。

仮説1、巣にあぶれた
 ムササビは複数の巣を持っていますが、それは他の個体との共有物です。
 さぁ寝ようと入った巣に先客がいて、追い出されてしまったのかもしれませんね。
 でも、他に空いている巣には行かなかったのでしょうか?

仮説2、巣から追い出された
 巣穴にヘビ等の天敵が入ってきた。
 別荘の天井裏で寝ていたら、土曜なので人が来て騒がしくなった。
 そんな理由で真っ昼間に巣から飛び出してしまったのかもしれません。
 でもやっぱり、他の巣に逃げ込めば良いと思うのですが・・・?

仮説3、巣の中が暑かった
 これだけ暑い日が続いていると、巣箱や屋根裏の中は、ずいぶん暑いでしょうね。
 あまりの暑さに我慢できなくなって、涼しい木陰に移動したのかもしれません。
 でも普段は巣の中でゴロゴロしているムササビさん。
 枝の上では熟睡できるのでしょうか?

あえて丸見えの枝で寝ている理由は、以外と「仮説3」なのかもしれません。
こんな時、言葉が通じれば便利なんですけどね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード