ムササビの食べ痕?

今日は七夕。
しかしと言うか、やっぱりと言うか、
軽井沢は雨まじりの天気で、星空が見えそうにはありません。

本日、私、大塚は、ムササビウォッチングの担当なので、
朝からムササビ巣箱のチェックに行きました。
今日は2カ所の巣箱で寝ていましたよ。

ムサ巣箱150707
巣箱内で寝ているムササビ

巣箱チェックを終えてビジターセンターに戻ってくると、
まだ緑色をしたアカマツの松ぼっくりが、
いくつも落ちているのに気がつきました。

アカマツ食痕?150707

根元近くの鱗片が剥がされてる所は、
ムササビが松ぼっくりの種子を食べた痕に似ているのですが、
ちょっと様子が違います。
普通なら根元から先の方まで、綺麗に鱗片を剥がすのですが、
剥がしてあるのは一部だけ。
しかも芯に穴が開いています。
この穴は昆虫が穿孔した痕のようです。

その虫を食べたのでしょうか?

ムササビは一般には草食性と言われています。
と、いう事は、これはムササビ以外の誰かの仕業でしょうか?
それとも、ムササビが虫も食べるという証拠なのでしょうか?
そもそも、何の虫が松ぼっくりに穿孔しているのでしょうか?

謎は深まるばかりです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード