5月20日の「春がいちばん!早朝バードウォッチング」

本日、5月20日の「春がいちばん!早朝バードウォッチング」では、
以下の野鳥が観察されました。

アオサギ、ノスリ、コゲラ、サンショウクイ(声)、モズ(声)、カケス(声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ(声)、ウグイス(声)、ヤブサメ(声)、エナガ、センダイムシクイ(声)、メジロ(声)、キバシリ、クロツグミ(声)、コルリ、キビタキ、オオルリ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、計28種

今朝の気温は12℃。
先週までに比べると、ずいぶん暖かくなりましたね。
トンボの湯周辺でキセキレイとハクセキレイ、アオサギを見てから森へ出発しました。

前半はオオルリやキビタキ、コルリがよくさえずっていました。
しかし次第に、オオルリやキビタキのさえずりは少なくなります。
すでにつがいになって、あまり長時間さえずらなくなったオスが多いようです。

一方でコルリは、やたらあちこちでさえずっていました。
今日、歩いたコース上だけでも、少なくとも7羽はさえずっていましたよ。
春先はコルリが少ないと感じていたのですが、今になって増えて来たようです。

ただ、渡来したばかりの時は梢でさえずってくれるコルリですが、
今頃の季節になると、低い位置でさえずる事が多くなります。
葉に隠れて見つけにくい!!
今日は幸運にも、さえずるコルリを近距離で2回も観察する事ができました。

コルリ150517
さえずるコルリ

ちなみにこの写真は、17日の夕方に撮影したコルリです。
逆光なので、まったく青く見えません・・・。
地上2mほどの枝でさえずっていました。
よっぽど近い距離でないと、葉っぱが邪魔で見つけられませんね。

他に今日は、キバシリの姿を見る事もができました。
小さくて保護色をした鳥ですが、
「チリリリ・・・」と鳴きながらカラマツの幹を昇り降りしていましたよ。

そうそう、話は変わりますが、
巣箱ではシジュウカラ達の抱卵や育雛が始まっています。
これは改めてまた紹介しますね。

とりあえず、一足早く子育てしていたヤマガラ(4月22日の記事)は、
16日の夕方か17日の早朝に、無事巣立ったようです。

ヤマガラ150516
16日に給餌中のヤマガラ

いったい何匹のイモムシを、口にくわえているのでしょうか?

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: コルリも見たいですね

鍵コメさん
ご参加ありがとうございました。
なかなか毎回はバッチリ見せられないのが、
ガイドとしても難しいところです・・・。
来年の春も、是非またご参加下さい!
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード