今年も産卵が始まりました

ここ数日、軽井沢も暖かい日が続いていましたが、
その陽気に誘われてか、今年もどんぐり池で、
ヤマアカガエルの産卵が始まりました。

ヤマアカ卵150320-1
水面のモヤモヤした所に、卵塊が沈んでいます

今年は3月17日に、9つの卵塊が確認されました。
昨年は遅くて、23日の産卵でした。
今年は例年より数日遅い程度。
私はなかなか見に行けず、今日やっと見に行ったのですが、
卵塊は十数個まで増えているようでした。

でも産卵後数日もすると、
卵を包むゼラチン質が水を吸ってプリプリ感を失ってしまうので、
写真に撮ってもよくわかりませんね。
しょうがないので下に手を差し込むと、こんなかんじ。

ヤマアカ卵150320-2

ちなみに今年も、卵が成長する様子が見やすいように、
1つの卵塊を水槽に入れて、岸辺に沈めてあります。

ヤマアカ卵150320-3

これでメス1匹が産んだ卵です。
図鑑によると、1卵塊に1000〜1500粒の卵が入っているそうです。

私が子どもの頃に呼んだ絵本で
「おたまじゃくしの101ちゃん」というのがありましたが、
兄弟の数は101匹どころでは済まないのですね。
しかもそれが十数卵塊分、
総計20000匹ほどが、今、孵化を待っているのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード