アカマツの葉を食べ始めました

昨夜の軽井沢は、まさかの雨。

積雪の上に降ったので、
雪が残っていた道路は、氷の上に水を撒いたような状態になり、ツルツルです。
滑りやすいので、歩くのに気をつけて頂きたいのはもちろんですが、
車も冬用タイヤでないと危険ですので、ご注意下さい。

森の中は、積雪の上に大粒の雨だれがつくった無数のくぼみができていますが、
防寒のブーツを履いていれば歩ける状態です。
カモシカやイノシシ、ウサギ、テン、キツネ、タヌキなど、
意外と多くの動物の足跡が残されていましたよ。

さて、ビジターセンターの玄関先には、
今年もムササビが食べたアカマツの枝が落ち始めました。

ムサ食痕松葉141221-1

寒さが厳しくなると、見つかるようになります。
枝の先端を齧り取って手に持ち、葉を食べて「ポイッ」と捨てた痕です。

ムサ食痕松葉141221-2

こちらの枝は、先端がすでに齧り取られています。
同じ枝を、先端から順に何度も齧り取って食べていたのかもしれませんね。
食べ残された葉がありますが、やっぱり元に近い場所の葉は、硬いのでしょうか?

空飛ぶムササビウォッチング」は春までお休みですが、
凍えるような寒い夜でも、ムササビはちゃんと活動しているんですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード