野鳥調査情報(2014年12月12日)

本日実施しました、軽井沢野鳥の森の鳥類調査結果です。

アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、ミソサザイ、ルリビタキ、ツグミ、エナガ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ホオジロ、アトリ、ベニマシコ、イカル、ハシブトガラス、計18種

調査を始めた8時台は野鳥の動きが良かったのですが、
9時を過ぎるとぱたっと動きが止まり、
しばらく静寂の中を黙々と歩くことになりました。
その影響もあってか、確認した種類数は少なめでした。

調査中、遊歩道脇に変なものを見つけました。
木の幹の隙間に、松ぼっくりが挟まっているのです。

お膳立て141212

地上から40センチ程の低い場所です。
そして鱗片が裂けていたり、はがされています。

恐らくこれは、アカゲラの仕業。
木の実などを幹の隙間に挟んで固定し、
くちばしで叩き割ったりほじくったりする
「お膳立て」と言われる行動の痕跡でしょう。

つまり、アカマツの松ぼっくりを幹の隙間に固定し、
鱗片の間に隠されている種子をほじくり出して食べたという事です。

実際にその様子を観察した事はないのですが、
餌台でヒマワリの種子をそうやって割る姿は、時々観察されます。
その結果、餌台が破壊される事も・・・。

アカゲラ141212
枯枝をつついていたアカゲラ♂

アカゲラは以外な技を持っているのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード