続、コナラの泉

先月、ツキノワグマを始めとする様々な動物が、
水飲みに利用している事が判った株立ちのコナラ。
その後もセンサーカメラによる撮影を続けてきました。

関連記事はこちら→2014年9月24日
        →2014年7月7日
        →2013年11月28日

今日は、その成果を一挙に蔵出ししますよ。

ツキノワグマ141010
ツキノワグマ 10月10日 17:59

2頭写ってます!

ツキノワグマ141012
ツキノワグマ 10月12日 9:36

立ってます!

ツキノワグマ141015
ツキノワグマ 10月15日 15:57

座ってます!(笑)。

イノシシ141016
イノシシ 10月16日 16:30

地面を掘りながら、イノシシが通り過ぎていきました。

ツキノワグマ141020
ツキノワグマ 10月20日 10:24

親子です!
この約25分後、私がカメラを回収する姿が撮影されていました・・・。

シカ141021
シカ 10月21日 16:35

シカも通りがかります。
水は飲んだのでしょうか?

アナグマ141021
アナグマ 10月21日 21:39

この写真の前のコマでは、コナラの株に顔をつっこんでいました。

タヌキ141023
タヌキ 10月23日 21:49

ツキノワグマ141024-1
ツキノワグマ 10月24日 0:23

ひときわ大きいです。
地面に座り込んだまま、溜まり水を飲んでいるようです。

ノネコ141024
ノネコ 10月24日 4:10

野良猫の行動範囲は、結構、森の奥まで広がっているようです。

ツキノワグマ141024
ツキノワグマ 10月24日 16:33

はまってます。

ツキノワグマ141025-1
ツキノワグマ 10月25日 17:03

この写真は耳タグが読み取れ、
2年前に発信器が脱落したメスであることが判りました。

ツキノワグマ141025-2
ツキノワグマ 10月25日 17:04

「フガフガ」

撮影時間と耳タグから、おそらく上の写真と同一個体です。

ツキノワグマ141025-3
ツキノワグマ 10月25日 17:05

その1分後、さらに2頭の小さなクマが・・・
どうやら、子どもを2頭、連れていたようです。

この直後、再びクマがカメラを覗き込み、
カメラの向きがズレてしまいました。

ツキノワグマ141027
ツキノワグマ 10月27日 17:33

この写真のような、青と黄色のタグを付けた若いクマが、何度も写っていました。
同一個体が、何度もやってきているのだと思われます。

そしてこの写真を最後に、カメラは電池切れ。
本日、カメラを回収し、充電済みのカメラを再設置してきました。

今回の一連の撮影で驚いたのは、あんな小さな水場が頻繁に利用されている事。
そしてツキノワグマの頻度の高さです。
複数個体のツキノワグマが数日おきに訪れていましたし、
同じ日に複数のツキノワグマが訪れる事もありました。
そしてクマが写った回数は、タヌキやアナグマや、シカやイノシシより多いのです。

個体数でいえば、クマ以外の動物の方が多いでしょう。
ツキノワグマは行動半径が広く、行動圏が重なり合うため、
複数個体が同じ場所で頻繁に写るのでしょうか?

それにしても何故このコナラは、ここまでツキノワグマを惹きつけるのでしょう?
木の股に溜まった雨水は、ツキノワグマにとって、そんなに美味しいのでしょうか?
謎は深まるばかりです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード