野鳥調査情報(2014年10月16日)

本日実施しました「軽井沢野鳥の森」の鳥類調査結果です。

アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、ビンズイ、ヒヨドリ、ミソサザイ、マミチャジナイ、ウグイス、キビタキ、エナガ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アトリ、イカル、カケス、ハシブトガラス、計20種

森の中はだんだんと見通しが利くようになってきました。
おかげで、夏の間は「ケッ・ケッ」という地鳴きだけで識別できなかった、
アオゲラやアカゲラをちゃんと確認することができました。

夏鳥のキビタキは、メスの姿を2回確認。
他に「ヒッ・ヒッ・ヒッ・ヒッ・クルルルッ」という鳴き声も聞きました。

旅鳥であるマミチャジナイも確認。
どうやらミズキの実を食べているようです。

そして冬鳥では、アトリを確認しました。
数羽で飛んでいるのに何度か気付いたのですが、
ミソサザイの沢で大群に遭遇。
対岸の斜面から次から次へと湧き出してくるアトリの群れに、
始めは数をカウントしようと試みたのですが、しばらくして断念。
軽く100羽を超える大群でした。

アトリ141016
ゴマ粒のように写るアトリを拡大した証拠写真

遊歩道を一巡して調査終了。
調査ルートの終点から帰り始めると、クロツグミを見つけてしまいました。

クロツグミ♀141016
クロツグミ♀

近くにはオスの姿もありましたよ。
しかし何故、調査中にはまったく姿を現さないで、
終わった途端に出没するのでしょうか???

このクロツグミを撮っていると、近くの茂みから今度はヤマドリが飛び去りました。
トンボ池まで降りてくると、今度はアオジのつがいが・・・。

調査終了後に新たに3種類も確認してしまいました。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード