植物たちも秋めいてきました

野鳥の森入口近くにあるピッキオのオフィスでは、
今年もトチノキの実が落ち始めました。

トチノキ実140917
トチノキの実

屋根の上に落ちると「バン! ゴロゴロゴロ・・・」と
大きな音がして驚かされます。

サンショウの実も、赤く色付いてきましたよ。

サンショウ実140917
サンショウの実

もう少しすると、赤い皮がはじけて、
真っ黒のツヤツヤした種子が顔をのぞかせるでしょう。
赤と黒の組み合わせは、
木の実を食べる野鳥の目に、とても魅力的に映るのだそうです。

木の実が目立つようになって秋本番といった感じですが、
まだまだ秋の花も多く咲いています。
今、一番目立つのは、線香花火のようなこの花。

シラネセンキュウ140917
シラネセンキュウ

この小さな白い花の集まりには、
ヒラタアブからチョウの仲間まで、
大小いろいろな昆虫が訪れます。

こちらはマルハナバチ専用の花。

セキヤノアキチョウジ140917
セキヤノアキチョウジ

異様に長細い花には、丁度、花と同じくらいの長さの舌を持つ、
トラマルハナバチなどが訪れます。

こちらも同様。

ナガミノツルキケマン140917
ナガミノツルキケマン

やはり長〜い花には、トラマルハナバチなどがやって来ます。

避暑地軽井沢では、秋の訪れが早く、昆虫たちが活動する期間も短くなります。
なので虫たちの訪れを待つ秋の花も、早く咲かないと虫がいなくなってしまうのです。

秋の花が最もにぎやかなのは、下界ではまだ残暑が厳しいこの9月。
秋の植物を愛でに、涼しくなった軽井沢に出掛けてみませんか?
ピッキオでは「秋の花実散歩」を開催中です。
軽井沢野鳥の森を、植物観察をしながら散歩しますよ。

詳細はこちら→「秋の花実散歩

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード