筏にのって

森の中に所々生えている低い木に、へんてこな花が咲いています。

ハナイカダ
葉っぱの上に花が咲いている・・・。

筏に花がのっているように見えるので、「ハナイカダ」という名前がついています。
花をアップにするとこんな感じ。

ハナイカダ花
地味だ・・・

葉と同じ緑色の花で、とても目立つようには見えません。
こんな花に虫なんか来るんだろうか?
そう思って見ているのですが、
たま~に小さなハチやハエが来ている程度です。
いちばんよく見るのは、この虫。

シワクシケアリ
シワクシケアリ(たぶん)

そう、アリです。
はねの無いアリですが、木から木へと花粉を運ぶ事はあるのでしょうか?

ちなみに、2枚目と3枚目の写真の花、ちょっと形が違いますね。
2枚目が雄株に咲いた雄花、3枚目が雌株に咲いた雌花です。
雌雄異株ですので、実ができるには雄株から雌株に、
つまり木から別の木へと花粉が運ばれなくてはならないのです。

アリじゃダメそうだな~

でも、ちゃんと実ができるんですよね~
夏には葉っぱの上に、ちょこんと黒い実が載っているのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード