カルガモ親子現る!!

今朝、トンボ池を見てびっくりしました。
まだ小さなヒナを連れた、カルガモの親子がいるのです。

普通、この辺りでカルガモ親子を見かけるのは6月頃です。
なんで8月にもなってから、ヒナが孵ったのでしょうか?
一度、春に繁殖して、2回目の産卵なのかもしれません。
だとしたら、ずいぶん優秀なお母さんですね。

カルガモ親子140807
カルガモの親子

ヒナは6羽連れていました。
少し少ない感じもしますが、そもそも産卵数が少なかったのか、
それともすでに何羽かが天敵に襲われてしまったのか、
真相は判りません。

カルガモひな140807
カルガモのヒナ

まだ小さいヒナはもふもふで可愛いですね♡

それでも時々アメンボを追いかけて、猛スピードで走り回ります。
すでに孵化後数日は経っているようです。

しばらくトンボ池に滞在してくれるとうれしいですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード