昼間の変身

8月に入って数日が経ちました。

7月上旬にエゾハルゼミが鳴き終わって以来、
今年は夏のセミの声をあまり聞いていません。
夕方にヒグラシはいくらか鳴くのですが、
日中、森から響いてくるエゾゼミやコエゾゼミ、
そして最近は軽井沢でも当たり前に聞くアブラゼミやミンミンゼミの声が、
とても少ないのです。

まぁ、夏はこれからが本番ですから、次第に増えてくると思うのですが・・・

さて、そんな中ですが、一昨日、
ピッキオビジターセンターから野鳥の森へ向かう道の脇で、
1匹のエゾゼミのメスが羽化していました。

エゾゼミ羽化直後140801

私が見に行ったのは夕方の4時半頃ですが、すでに翅も伸び切っていましたよ。

セミの羽化というと、夜暗くなってからのイメージがあるのですが、
高原のセミたちは、以外と明るい時間帯にも羽化しています。
野鳥などに襲われる危険性が高まると思うのですが、
なぜ日中に羽化するのでしょうね。

羽化するにあたって、気温あたりが関係しているのでしょうか?

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード