大急ぎの巣づくり

ピッキオが掛けているシジュウカラ巣箱。
無事巣立った巣箱もあれば、
残念ながら天敵に襲われてしまった巣箱もありました。

今年1回目の子育てが全て終了したところで、一旦巣箱を清掃したのですが、
その中の1つで、今年2回目の子育てが開始されました。

シジュウカラが出入りしている姿が確認されたのは、先月の23日でした。

トンボ池巣箱メス140623
巣箱から顔を出すシジュウカラのメス

近くにはオスの姿もあって、さかんにさえずっています。
どうやら掃除したばかりの巣箱で、巣作りを始めたようです。

トンボ池巣箱オス140623
巣箱の近くでさえずるシジュウカラのオス

巣箱の中を確認してみると、
メスが巣箱の底に苔を運び込み始めたところでした。

トンボ池巣箱140623
巣箱内に苔を運ぶシジュウカラのメス

それから2日後の25日。
驚いた事に、まだ巣が完成していないにも関わらず、
1つの卵が産まれていました。

トンボ池巣箱140625
未完成の巣に産まれた卵

メスは卵が転がった巣に、さかんに巣材となる獣毛を持ち込んでいました。
どうやら巣作りと産卵を、同時並行で行なっているようです。

春の1回目の巣作りでは、こんな事はありません。
時間をかけて、しっかりとした巣を作ってから、
産卵を始めているように思えます。

それからさらに1週間。
今朝ついに、メスが卵の上に座って、温めている姿を確認しました。

トンボ池巣箱140701-1
抱卵するシジュウカラのメス

メスが巣箱から飛び立ったので中を見ると、
7つの卵が並んでいましたよ。

トンボ池巣箱140701-3
7つの卵

産座もしっかりした、立派な巣が出来上がっていますね。

今日から抱卵を始めたとすると、孵化は7月14日頃、
ヒナの巣立ちは8月初旬頃になると思います。
普通は7月中に子育てが終了しますから、ちょっと遅めですね。

大急ぎで産卵をはじめたのは、
本人たちも「急がなきゃ!」と思っているからかもしれません。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

皆元気に巣立って欲しいですね

信濃町ではマイマイガが大発生したためか、4つある巣箱は
1つも入りませんでした
春に大掃除をして快適な巣箱にしてあったのに残念です


Re: No title

今年はマイマイガが多いようですね。
軽井沢では、まだ毛虫が小さいのですが、だんだん目立ってきました。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード