久しぶりのコルリとか

軽井沢も不安定な天気が続いていて、
毎日のように雷の音を聞いています。

晴れたら晴れたで、エゾハルゼミの鳴き声がにぎやかになり、
野鳥のさえずりをかき消してしまいます。
野鳥もそれが判っているのか、あまりさえずりません。

しかし、やはり朝の時間帯は、比較的良くさえずるようです。
一昨日の朝、ちょっと早くにムササビ巣箱のチェックに出掛けたところ、
久しぶりにコルリがさえずる姿を見ることができました。

コルリ140623
コルリ

春先は、木の梢のような高いところでさえずっている事が多いコルリですが、
葉が茂る頃になると、低い枝でさえずる事が多くなるようです。
この時も、目の高さほどの場所で、さかんにさえずっていました。

「ジッ」「ジッ」という巣立ちビナっぽい声がするので探してみると、
ヒナは見つからないのですが、それに付き添っているらしいキビタキのオスがいました。

キビタキ140623
キビタキ

辺りを見渡すように、しばらく枝に止まっていましたが、
ヒナ(?)の声がする方へ飛んで、姿を消してしまいました。

なかなか鳥の姿が見つからない季節になりましたが、
朝早くなら、まだ鳴き声をたよりに姿を探すチャンスがありそうですよ。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード