親子ラッシュです

このところ、親子の記事が続いています。
今日も親子ですよ。

昨日の朝、ムササビとシジュウカラの巣箱をチェックしに、
野鳥の森に隣接する小瀬林道を歩いていました。
するとニホンザルの群れが、目の前を横切って行ったのです。
離山の北から千ヶ滝あたりを移動しているK群と呼ばれる群れです。

次から次へと通り過ぎるサルを眺めていると、
子供連れが何組もいることに気付きました。

ニホンザル母子140524

胸元に黒いかたまりが・・・
そう、赤ちゃんザルがしっかりと、お母さんにつかまっているのです。

ニホンザル母子首輪付140524

こちらの赤ちゃんは、ちょっと大きいのでしょうか?
お母さんのお尻の上に乗っています。
やはり手足は、しっかりとお母さんの毛を掴んでしますね。

ちなみにこのお母さん、首輪を付けていて、そこからアンテナが伸びています。
K群の位置を把握するための、電波発信器が付けられているのです。
ニホンザルの群れは母系社会。
なので群れを追跡するためには、メスに発信器を付ける必要があるのです。

K群の動きは、町のHPでも公表されています。
被害の多い地域では、これを見る事で、群れの接近を知る事ができるという訳です。
軽井沢町のサル情報はこちら→軽井沢さる・くまなびねっと
ページ上段の「さる・くま別表示」を「サル K群」にして、
右の「表示切替」ボタンを押すと、9日前までの位置情報が表示されます。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード