春の蛾

最近、野鳥のネタばかりアップしていましたが、
その間に木々の芽吹きもはじまり、季節もどんどん進んでいます。

昆虫の活動も活発になってきていますが、
昨日はピッキオのオフィスに大きな蛾が入り込んで、
天井に張り付いていました。

外に放すついでに、写真を撮らせてもらいましたよ。

イボタガ140512-1

イボタガという、翅を広げると10センチにもなる大きな蛾です。
春にだけ出現する蛾で、昆虫図鑑にはお馴染みの種類なのですが、
実は私にとって、初めての出会いでした。

でもこの複雑な模様、見間違える事はありません。
カラマツの幹に止まらせてみましたが、結構背景に馴染んでいますね。

「ふぅ〜っ」と息を吹きかけると、やっぱり翅を広げて威嚇しました。

イボタガ140512-2

イボタガは名前の通り、イボタの木で育ちます。
軽井沢野鳥の森にもミヤマイボタが生えているので、
そこで育っているのかもしれませんね。

ところでそのイボタガの幼虫。
なかなかインパクトのあるイモムシで、これも一度見てみたいと思っています。
いつか出会えるでしょうか?

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード