ようやく産みました

遅れていたトンボ池でのヤマアカガエルの産卵が、ようやく始まりました。

今朝の軽井沢は冷え込んで、朝の段階ではトンボ池は全面結氷していました。
昼頃に溶けた岸辺に、ひとつだけ卵塊が産みつけられていましたよ。

トンボ池ヤマアカ卵140407
奥の方はまだ厚い氷が残っています。

卵を覆っているゼラチン質がぷっくりしていて、
まだ産みたての新鮮な卵塊であることが判ります。

卵をアップで見てみると・・・

トンボ池ヤマアカ卵あっぷ

あんこ玉のようですね・・・
まだ卵割(細胞分裂)も始まっていない、ほんとうに産みたての卵でした。

そういえば先日、例の看板も付け替えましたよ。

看板付け替え

雨の日の夜は、カエルの横断にご注意下さい。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

卵、よーく見ると綺麗ですね。
ガラスのオブジェ?(笑)

以前山に行った時、地元のおじさん山椒魚の卵を旨そうだと言っていたのを思い出しました;^_^A

旨そう?

濱野様
山で見つかる山椒魚の卵というと、
クロサンショウウオのあの乳白色の卵塊でしょうか?

う〜ん・・・

確かに白くてプニプニしていて、中にある卵のつぶつぶは見えないし、
黒蜜とかかけたら旨そうかも・・・
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード