地面が出ると

軽井沢野鳥の森は、まだまだ雪に覆われています。
ですが南向きの斜面などは、次第に地面が見え始めてきました。

トンボ池の北側にあたる斜面も、崖といってよい急な斜面なので、
ずいぶん雪が溶けて地面が出てきました。
すると食べ物を求めて、小鳥たちが集まってきました。

ヤマガラ140227
ヤマガラ

ヤマガラは、よく崖の土の中に木の実を隠しています。
それを探しているのでしょう。
土を懸命にほじくっていました。
よく見ると、まだくちばしに土がついています。

シジュウカラ140227
シジュウカラ

シジュウカラは、地面の落葉をめくって虫を捜しています。
トビムシでしょうか?小さな昆虫を探し当てました。

ゴジュウカラ140227
ゴジュウカラ

ゴジュウカラが珍しく地面に降りていました。
見るとくちばしいっぱいに土をくわえています。
何してるのでしょう?

ゴジュウカラはキツツキの古巣などに巣を作りますが、
穴が大きいと泥で塞いで穴を小さくする習性があります。
もう巣作りを始めているのでしょうか?

ヤマガラ巣箱のぞき140227
ヤマガラ

そういえばヤマガラも、巣箱を覗き込んでいました。
あちこちで、カラ類のさえずりも聞こえます。
もう気分は春なのでしょう。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード