林道2のシジュウカラ巣箱がふ化しました

本日わたくし大塚は、午後の野鳥の森ネイチャーウォッチングを担当しました。

午後は林道にある2つのシジュウカラ巣箱(林道1、林道2)をチェックします。
林道1の巣箱では、お母さんが卵を暖めていて、まだ孵っていないようでした。
そして林道2を確認すると、お母さんはお留守で、巣にはヒナの姿がありました。

林道2:090527
折り重なるヒナたち・・・

この巣箱は、昨日まで卵があるのが確認されていました。
つまり、昨日の夕方から今日の午後までの間に、ふ化したということです。

写真では6羽のヒナが確認できますが、観察中には7羽いる事が判りました。
ちなみに卵は・・・

林道2:090520
5月20日撮影

写真のように、8つ産みつけられていました。
ヒナもちゃんと8羽孵ったのでしょうか?
ヒナの体が折り重なっていて、よく判りません。
いるのかもしれないし、卵が孵ってないかもしれないし・・・
まぁ、このまま成長を見守って行きましょう。

ちなみにこの巣箱は、4月29日に巣作りしているのが確認され、
5月4日から11日にかけて、8つの卵が産みつけられました。
その後、お母さんが暖め続け、16日目にふ化しました。
シジュウカラのヒナは、ふ化して2週間半ほどで巣立ちます。
18日間とすれば、6月14日巣立ち予定。
無事に巣立つと良いのですが・・・。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード