カラフルなアリ

今日は「日経キッズ」という雑誌の取材がありました。
わたくし大塚は夏休みに開催する「親子の昆虫たんけん隊」のパートだけ担当するため、
森の中の広場で備品を準備して待っていました。
すると、何やら怪しいアリが1匹、置いてあった捕虫網の上を歩いています。

「何だこいつは?」

何の気なしに捕まえて、実体顕微鏡を覗いてみると、
見た事も無い模様の付いたアリでした。

シベリアカタアリ
腹部に4つの点々が・・・

3mm程の小さなアリなのですが、腹部に4つ黄白色の斑点があります。
胸部は赤みがかった茶色で、脚や触角も明るい色をしています。
頭から胸にかけては、たくさんの凹みで飾られています。
アリとしてはかなりカラフルに見えますね(そう思うのは私だけ・・・?)。

夕方、オフィスに戻ってからネットで調べると、
「シベリアカタアリ」という種類のようです。
日本では北海道から屋久島まで、広く分布する普通種だそうですが、
朽木や枯枝に巣を作るそうで、なかなか目にする機会は無さそうですね。

ついでに、オフィスの前を歩いていたアリを1種類。
こちらは体も大きくて、軽井沢ではよく見かけるアリです。

ムネアカオオアリ
胸が赤いです

その名も「ムネアカオオアリ」。
体長は大きい物で12mmほどにもなります。
女王は18mmもあって、なかなか迫力があります。
この子は10mmくらいかな?

やはり木の枯れた部分に巣を作ります。
けっこうキツツキのエサになっているそうで・・・
倒木や切り株を熱心にほじくっているキツツキがいたら、
このアリを食べているかもしれませんよ。
ツキノワグマにもよく食べられているようで、
糞分析のサンプルに、たくさん入っていたりします。

昆虫には恐れられている(?)強力な捕食者であるアリ軍団。
でもやっぱり、食物連鎖にがっちりと組込まれた、森の一員なのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ムネアカオオアリか

はじめまして、このアリ、何だろうと思って探してたら、
ここに来ました。
神奈川の稲村ヶ崎の上の方で道路にいました。
ムネアカってなるほど、そのまんまなんですね。

Re: ムネアカオオアリか

yoshi様

はじめまして。
ムネアカオオアリは「山で見るアリ」という印象がありますね。
軽井沢には同じような赤黒ツートンカラーのアカヤマアリもいますよ。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード