ところ変われば・・・

先日、シシウドの花の上で、見慣れないハチを見つけました。
クロスズメバチ(地バチ)に姿や大きさが似ているのですが、
模様が鮮やかな黄色で、模様が白いクロスズメバチとは、明らかに違います。

動きが素早かったのですが、葉の上で身繕いをはじめたので、
写真を撮る事ができました。

キオビクロスズメバチ

「キオビクロスズメバチ」。
・・・そのまんまのネーミングですね。

日本では北海道や北日本に多い種類だそうで、
本州では標高が高い場所でしか、見られないそうです。
たかが標高1000mの軽井沢野鳥の森ですが、
どこかに営巣しているのでしょうか?

ところで、日本では少数派のキオビクロスズメバチですが、
分布は広く、ヨーロッパにまで生息しているそうです。
さらに北米やオーストラリアにも人為的に移入され、
刺傷被害が増えて、なんと「世界の侵略的外来種ワースト100」にも
選ばれてしまっているそうです。

ところ変われば何とやら・・・ですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード