イタドリのオトシブミ

野鳥の森も木々の緑が濃くなって来ました。
新緑の柔らかい葉を巻くオトシブミのゆりかごも、少なくなった気がします。
今年はブログにオトシブミの記事を書いてないな〜と思っていたら、
上手い具合に、イタドリの葉を巻いているオトシブミを見つけましたよ。

草本であるイタドリには、まだ柔らかい葉があるんですね。
葉を巻いていたのは、明るい体色をしたオトシブミです。
調べてみると、「キイロヒゲナガオトシブミ」という種類のようです。

キイロヒゲナガオトシブミ1

切れ込みを入れて萎れさせ、二つ折りにしたイタドリの葉を、
先端から巻いていきます。
中にはすでに、卵が一つ、産みつけられているはずです。

キイロヒゲナガオトシブミ2

無事に巻き終わりました。
オトシブミの足元の部分だけ、葉の表側が見えています。
この巻き方が、ゆりかごが解けない秘訣なのです。

最後にゆりかごを切り落として、終了です。
私が観察をはじめてから約30分。
葉を選んでからの下準備も含めれば、たぶん1時間以上かかっているでしょう。

キイロヒゲナガオトシブミ3

ひとつぶの卵を産むために、これだけの手間と時間を掛けるオトシブミは、
昆虫にしては産卵数がとても少ないそうです。
少ない子供を大事に育てる。
ちょっと人間っぽいですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード