梅雨のひと休み

昨日までの雨が上がった軽井沢は、朝から気持ちの良い快晴です。
野鳥の森にはエゾハルゼミの合唱が響き、
たくさんのウスバシロチョウが、フワフワと飛び交っています。
そしてトンボ池でも、急にトンボの数が増えたように思います。

今日、何匹も活発に縄張り占有行動をしていたのが、このヨツボシトンボ。

ヨツボシトンボ130531
ヨツボシトンボ

春の代表的なトンボのひとつです。
オス同士の縄張り争いは、目にも留まらぬ早さなのですが、
しばらく待っていると、見張り場所の枝に戻ってきます。

ホソミオツネントンボやエゾイトトンボも、繁殖行動が盛んになっています。
いくつもの連結したペアを見る事ができました。

ホソミオツネントンボ130531
ホソミオツネントンボの交尾

他にはクロスジギンヤンマの姿もありましたが、
こちらは飛びっぱなしなので撮影できませんでした。

今年は例年になく早い梅雨入りでした。
今日のような梅雨の晴れ間が、
変温動物である昆虫たちにとっては貴重な活動時間となるでしょう。
きっと本人たちも、一刻も無駄にはしたくないと思っているでしょうね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード