丸見えな鳥の巣

軽井沢野鳥の森も、とうとう高木の芽吹きが始まりました。
これからは、森の中の見通しがどんどん悪くなって、
野鳥の姿は見つけにくくなって行きます。

そんな森で、夏鳥たちも巣作りを始めています。
多くの場合は、人が見ていると警戒してしまうので、
観察は困難ですし、あまり観ない方が良いでしょう。
しかし中には丸見えの巣で、一目を気にせず作業に没頭している鳥もいます。

たとえばこんな巣。

コサメ巣1

巣が丸見えになっているのですが、判るでしょうか?
実は、とても上手くカモフラージュされているのです。

さぁ、親鳥が帰ってきました。

コサメ巣2

そう、コサメビタキの巣です。

コサメビタキは、樹上の横枝の上に、
クモの巣の糸やコケ、地衣類などを集めて巣を作ります。
特に外装は念入りに、地衣類を貼付けてカモフラージュ。
周囲の木の幹や枝に、見事に溶け込んでいます。

コサメ巣3

2羽の親鳥が交代で材料を持って来ては、
忙しそうに巣を作っていました。

動画も撮ってみましたよ。

[広告] VPS


こんな丸見えな巣ですから、カラスなどに襲われるのでしょうか?
途中で巣が放棄される事もよくあります。
人だかりができると、よけいに目立ってしまうかもしれません。

もし巣を見つけても、観察や撮影は短時間で切り上げるようにお願いしますね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 今晩は

鍵コメさんいらっしゃいませ。
この巣は特に低い場所ですね。
巣立ちまで行き着けるか心配ですが、そっと見守ろうと思います。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード