早春のチョウ達2

今日の軽井沢も、日中は良い天気で暖かでした。
学校団体の準備で森を歩いていると、
小さなチョウたちが遊歩道の上を飛び回っていました。

テングチョウ130415
テングチョウ

鼻先が長く伸びて、天狗のようなのでこの名があります。
成虫越冬で、春先によく見るのですが、その後、あまり見かけなくなります。
食樹であるエノキはもう少し標高が低い場所に降りないと無いので、
移動してしまうのかもしれません。

コツバメ130415
コツバメ

春先にだけ見られるチョウです。
幼虫はアセビのつぼみを食べるそうです。
野鳥の森ではアセビを見た事がありませんが、
よく庭などに植栽されている木なので、
そのような場所で繁殖しているのかもしれません。

スギタニルリシジミ130415
スギタニルリシジミ

やはり春にだけ現れるチョウです。
幼虫はトチノキのつぼみを食べるそうです。
野鳥の森にもトチノキは何本もありますから、
ここで繁殖しているのでしょう。

まだまだ緑が少ない軽井沢ですが、
次第ににぎやかになってきましたね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード