卵塊の受難

3月14日にどんぐり池に産みつけられた、
ヤマアカガエルの卵塊ですが、
そのほとんどが見えなくなってしまいました。
水槽に隔離していた卵塊も流出して行方不明です。

目撃情報によれば、数日前にオシドリのメスが1羽、
水際をくちばしでバシャバシャやっていたとの事、
卵塊を食べてしまったのでしょうか?
それとも水生生物を探してかき回しているうちに、
卵塊が沖に流出してしまったのでしょうか?

よ〜く見ると少し深い場所に、
ふ化直前のぐずぐずになった卵塊がありました。
どうやら、全滅は避けられたようですね。
もうすぐ、オタマジャクシになって泳ぎ始めるでしょう。

さて、今日は新しい卵塊がありましたよ。

ヤマアカ卵130330
ヤマアカガエルの新卵塊

早速、空になってしまった水槽にひとつ入れました。
まだ細胞分裂を3回しかしていない(8細胞期)真新しい卵塊です。

ヤマアカ8細胞期

今日は日中、肌寒く、ヤマアカガエル達も水底に潜ったままでした。
しかし昨日は随分と暖かでしたから、
きっと昨夜から今朝に掛けて、卵が産みつけられたのでしょう。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード