ヒレンジャク!

ちょこちょこと探しに行っては、空振りしていたヒレンジャク。
今日ようやく、その姿を見る事ができました。

ヒレンジャク130211-3
ヒレンジャク(めいいっぱい膨らんでます)

軽井沢野鳥の森や、中軽井沢の長倉神社など、
お客様から「ヒレンジャクを見ましたよ!」という情報は聞くのですが、
私が行くと何故かいないのです・・・。

しかし本日、「氷瀑探訪」のコースになっている千ヶ滝遊歩道で、
4羽の群れに出会う事ができました。

ヒレンジャクは、冬になると北の大陸から渡ってくる冬鳥です。
軽井沢では、落葉樹の枝に寄生している「ヤドリギ」がある場所で、
その姿に出会う事ができます。
今日もやはり、ヤドリギが寄生した木で、ヤドリギの実を食べていましたよ。

ヒレンジャク130211-4
ヤドリギの実をくわえたヒレンジャク

そしていくつかの実を食べ終わると、近くの木で一休み。
しばらくすると、消化できない種子や果皮を、糞として排泄します。

が、このヤドリギの実。
果肉にネバネバとした物質が含まれていて、糞になっても粘るのです。

すると糞も、この通り・・・

ヒレンジャク130211-2
糞が伸び〜る

この糞はべとべとしていて、
風に吹かれて周囲の枝に絡んだり、
落下途中に枝に引っかかったりします。

すると中の種子が枝に付着し、そこから発芽して、
また樹上にヤドリギが生えてくるという算段なのです。

が、しかし、運悪く(?)地面に落ちてしまう糞も・・・

ヤドリギ種子糞
雪の上に落ちた糞(緑と白のまだらもようが種子)

こうなると、もちろんヤドリギは成長できません。

ヤドリギとヒレンジャクの関係はとても良くできているのですが、
やはり100%大丈夫・・・とはいかないのです。

ヒレンジャク130211-1

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード