野鳥の森のモミジとカエデ

軽井沢野鳥の森も、日に日に木の葉が落ちて、見通しが良くなってきました。
野鳥の姿もだんだん見つけやすくなってきましたよ。

足元には落葉が降り積もって、歩くとザクザクと気持ちのよい音がします。
そして風が吹くと、頭上からはまた、新たな枯葉が舞落ちてきます。

そんな落葉の中から、綺麗なものを選んで拾い上げ、
両手に持って歩いている方の姿も良く見受けられます。
私もモミジやカエデの葉を集めて、スキャナーで読み込んでみました。
写真をクリックすると、ほぼ実物大の大きさになりますよ。

オオモミジ600
オオモミジ

軽井沢に多いモミジです。
ちょっと大きめの葉っぱで、縁のギザギザは小さめです。

イロハモミジ600
イロハモミジ

植木として植栽されたモミジには、イロハモミジが多いようです。
現在では森の中でも野生化したものが見られます。
葉っぱが小さめで、縁のギザギザが大きめです。

イタヤカエデ600
イタヤカエデ

葉っぱの切れ込みが浅く、縁にギザギザはありません。
黄色く色付いている事が多いです。

コハウチワカエデ600
コハウチワカエデ

切れ込みが多く、天狗の葉団扇のようです。
良く似たハウチワカエデは、もっと大きな葉っぱです。

ウリハダカエデ600
ウリハダカエデ

黄色く色付いている事が多いです。
葉っぱは3つに分かれますが、切れ込みはとても浅く、
あまりカエデっぽくありません。
若い幹の樹皮は緑色で、縦縞が入って瓜の肌のようなので
名前になりました。

軽井沢野鳥の森で見られるモミジやカエデは、だいたいこれらの種類です。
他にはチドリノキという、普通の形の葉っぱを持つカエデもありますよ。

紅葉シーズンはもう少し。
葉の色だけでなく、形にも注意してみてはいかがでしょう。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

軽井沢の野鳥は、一度見に行ってみたいと思っていまだ実現してません。どんな感じなのか知りたくてのぞいてみました。凄く楽しそうです。またきます。

Re: はじめまして

早稲田名鶴さん
ありがとうございます。
またブログのぞいて下さい。
そして実物の「軽井沢野鳥の森」にも是非、おいで下さい。
野鳥観察のベストシーズンは5月上旬ですよ。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード