新入居者がいました

先日、赤ちゃん連れのムササビが引っ越してしまった巣箱ですが、
この数日、またムササビが連泊しはじめました。

もしかして、あの親子が帰って来たのでは?
そう期待してモニターを繋げ、中をチェックすると、
ムササビは丸くなっていて、赤ちゃんの姿を確認する事ができません。

「寝返りでもしてくれれば、見えるかも・・・」そう思ってしばらく見ていると、
私が巣箱の下でゴソゴソしているのが気になったのか、
ムササビが目を覚まして、巣箱から顔を覗かせました。

ムササビ顔出し
「何者!!」

「あぁ、ごめんなさい、ごめんなさい。」
そう思いながらも、赤ちゃんを確認するチャンスです。
モニターを見ると、そこに写っているのは顔を出しているムササビの背中だけ。
赤ちゃんの姿はありませんでした。

どうやら別のムササビが、この巣箱を使い始めたようです。
そう、ムササビは、留守の巣箱や巣穴があると、
前の住人のことなど気にせずに(?)、その巣を使い始めるのです。
巣の中には、前の住人が運び込んだ樹皮でベッドが作られているのですが、
もちろんお構いなしに、そのベッドで眠るのです。

結構、図太いですよね・・・。

ムササビ顔121005-1

せっかくなので、超望遠レンズを出してアップを撮りました。
首がつかえて、ちょっと苦しそうです。

ムササビ顔121005-2

さらに正面顔を、トリミングしてどアップに。

カワイイ顔してますが、
内心は安眠を妨害されて、不機嫌なのだと思います。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード