キノコだらけです

今日の軽井沢はどんよりと曇って、時々雨がパラつく天気です。
先日の台風といい、このところ雨がまとまって降ったので、
森の中ではあちらこちらにキノコが生えてきました。

アイカワタケ?
アイカワタケ?

はっきり言って識別に自信ありません。
クリの幹から生えていました。

ホコリタケ
ホコリタケ?

なんだかシワシワしているけど、ホコリタケで合っているのでしょうか?
成熟すると、てっぺんに穴が開いて、煙のような胞子が飛び出します。

ヒメアジロガサモドキ?
ヒメアジロガサモドキ?

まったく識別に自信がありません。
ただ、図鑑に載っている写真で、一番似ていたのです。

キノコ?1
???

もう図鑑を見ても、みんな同じに見えてきました。
これ以上、図鑑とにらめっこする気力を失いました。

キノコ?2
?????

キノコの名前なんて、もう、どうでもよくなってきました・・・。
何度調べてもキノコの識別には自信が持てず、覚えられません。

キノコは菌類が、胞子を飛ばすために作った器官です。
本体である菌糸は、落葉や木材を分解したり、
植物の根と共生したりして暮らしています。
目立たない存在ですが、森の生態系には欠かせない生き物なのです。

キノコは名前を調べようとすると、特徴的な種類以外、なかなか識別できませんが、
色や形がさまざまで、探しているだけでも楽しいですよ。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード