トンボ池の生き物いろいろ

昨日の続きで、トンボ池の生き物を紹介しましょう。
イトトンボのヤゴに次いで、たくさん見つかるのがこんな虫です。

マツモムシ
マツモムシ

たくさん捕れるのですが、口で刺されると痛いので、注意が必要です。
長い後肢をオールのように使って、「背泳ぎ」しています。
そして水面に虫が落ちてくると、水面下から襲いかかり、
針状の口を刺して体液を吸うのです。

ミズムシ
ミズムシの一種

こちらは背泳ぎしていませんね。
ミズムシという昆虫の仲間です。
マツモムシと同じ水生カメムシの仲間なのですが、
こちらは藻類に口を刺して中身を吸い取るそうです。

ミズムシ(甲)
ミズムシ

こちらもミズムシと呼ばれる虫ですが、脚がたくさんありますね。
ダンゴムシやフナムシに近い甲殻類の仲間です。
水底の落ち葉のすきまなどに隠れています。
すくいあげても、残念ながら丸くなりません。

ちなみにどちらのミズムシも、人間の足にできるのとは関係ありませんよ・・・。

タニシ
タニシ

田んぼの螺(巻貝)なのでタニシです。
何種類かあるようですが、貝は不勉強でよくわかりません。
最近、ハシボソガラスがタニシを食べる事を覚えたようで、
よく水際から拾い上げて、殻を割って中身を食べています。
食べ尽さないでね・・・。

ケンミジンコ
ケンミジンコ

細かい網で水をすくうと、こんな小さな生き物も見つかります。
ミジンコの仲間も何種類かいるようですよ。

リアル昆虫ビンゴ25」では、これら水中にすむ生き物と池の上を飛んでいるトンボ、
合計25種類を捕まえます。
なかなか全種はコンプリートできませんが、
たくさんの水生生物を見る事が出来ますよ。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード