石の下の卵

野鳥の森の入口近く、日当りの良い地面に置かれた石の下に、いつもトカゲが隠れています。
野鳥の森ネイチャーウォッチング」では、石をそっとひっくり返して、
そのトカゲの姿を観察することがあります。

ニホントカゲだったり、ニホンカナヘビだったり、
時にはヤマカガシ(ヘビ)のあかちゃんだったりして、
びっくり箱のような面白さがあるのですが、
今日はなんと、白い卵が出てきました。

トカゲ卵

とても小さな卵で、長さ1センチ程しかありません。
周囲に親の姿は見当たりません。
ニホントカゲは親が卵の保護をするそうなので、
卵の保護をしないニホンカナヘビの卵かもしれませんね。

割ってしまわないように、そっと石を戻しておきました。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード