もふもふ祭りです

今日はトンボ池に、カルガモ親子がやってきました。

どうやら星野エリアには、現在2家族のカルガモがいるようです。
ひとつはトンボの湯の池で3日に産まれ、
10羽のヒナを連れた姿が露天風呂から見られたそうです。
まるでヒナと混浴ですね。

しかしこちらはヒナが3羽しか生存していないところから、
やはり数日前に星のや軽井沢の敷地内で孵った家族ではないかと思います。
写真を・・・と思いましたが、動きが速くて、なかなか親子で画面に入ってくれません。

カルガモひな120606
カルガモのヒナ

カモ類のヒナは、産まれるとすぐに歩き始め、餌も自分でついばみます。
体は柔らかい産毛で覆われていて、まさに「もふもふ」です。
カルガモのヒナはまるでゼンマイ仕掛けのおもちゃのように、
水面を泳ぎ回って餌をさがしていました。
そのうち岸に上陸し、親子で小瀬林道を横断し、湯川に降りていきました。

カルガモ親子120606-1
カルガモ親子

湯川を少し下り、星のや側へと登ろうとしますが、
ヒナが小さいので、なかなか上陸ポイントが決まりません。

カルガモ親子120606-2

結構な急流でも、ヒナはちゃんと親に付いて行きます。
そのうち無事に岸に上陸し、斜面を星のやへと登って行きました。

一方、ピッキオビジターセンターのムササビ巣箱では、
ついにオシドリのヒナが孵りました。

オシドリ巣箱120606-1
オシドリ巣箱

時々、母親のお腹の下から這い出しては、ぴょんぴょん周囲を跳ね回ったり、
母親の羽毛をつついたり、時には母親の背中に登ったりしていました。
今まで、卵の数が確認できないでいたのですが、どうやら6羽のヒナが孵ったようです。

午前中に孵化が確認されたので、
いつ巣箱から飛び出すかと、今日は気が気ではありませんでした。
ビデオカメラなども用意して待機していたのですが、
夕方に母親だけが食事に出て行ってしまいました。

オシドリ巣箱120606-2
ヒナはお留守番

この記事を書いている20時頃には、母親も巣箱に戻り、ヒナを抱いています。
巣立ちは今夜か? それとも明日の早朝でしょうか?

今夜はUSTREAMから目が離せそうにありません。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

もふもふで、かわいいっ(≧∇≦)

かわいい(o^∀^o)
この、もふもふchanは、何才くらいですか?
カモさんの卵の大きさは、どのくらいですか?
白いのかなぁ…?

Re: もふもふで、かわいいっ(≧∇≦)

あひるさん コメントありがとうございます。
まだ生後1週間経ってないと思いますよ。
卵は並べて見た事はないですが、鶏卵のS玉くらいですかね。
色は白いです。

巣立ちました。

今朝の7時半ごろに、すべてのヒナが巣箱から巣立って行きました。
残念ながら、その瞬間には立ち会えませんでした。
夕方には親子でトンボ池にやってきましたよ。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード