夏鳥のメスが増えてきました

今朝はとても冷え込みましたが、日中になって暖かくなりました。
軽井沢野鳥の森も、低木のアブラチャンや亜高木のカエデ類の葉が、
ぐんぐん開きはじめています。
もうしばらくしたら、野鳥の姿が見つけにくくなってしまいますね。

一方、夏の渡り鳥たちは、一足遅れてメスが渡来したようです。
これから、彼らも子育てのシーズンが始まります。

そんな中、一昨日の朝に撮影した夏鳥の写真を、いくつか紹介しましょう。

コルリ120511
コルリ♂

簡易水道のポンプ小屋付近にいつもいる、コルリのオスです。
今年はなかなかゆっくり姿を見せてくれませんで、
この時も1枚きりしか写真が撮れませんでした。
その写真を周囲の邪魔な枝が切れるように切り抜いたら、
こんなドアップになってしまいました。

しかし今日に限って、「野鳥の森ネイチャーウォッチング」の時には、
ゆっくり飽きるまで姿を見せてくれましたよ。

風切羽が茶色いので、まだ若いオスのようです。
今朝の「幸せの青い鳥ウォッチング」では、付近でメスの姿を確認したので、
お嫁さんが来たのかもしれませんね。

クロツグミ120511
クロツグミ♂

昨年、この谷には若いクロツグミがいたのですが、
彼がより「黒く」なって帰って来たのかもしれません。
クロツグミは渡ってくるのが早いので、もうメスもやって来ているはずです。

キビタキ♀120511
キビタキ♀

この数日で、急にたくさん見かけるようになったのが、キビタキのメスです。
あちこちで、地面近くを餌を捜しながらウロウロしているのを見るのですが、
大抵は、オスが付きまとっています。
この時も・・・

キビタキ若♂120511
キビタキ♂

若いキビタキのオスが付きまとっていました。
彼はどんぐり池の手前辺りで、いつも出会います。
風切羽も茶色で、黒も薄い若造ですが、
あのメスはお嫁さんになってくれたのでしょうか?

渡り鳥たちは、留鳥のシジュウカラなどより一足遅れて子育てを始めます。
これから遅れを取り戻すように、大急ぎで相手を決め、巣作りを始めるのでしょう。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード