爬虫類も動き始めました

軽井沢野鳥の森周辺も、ようやく春らしくなってきました。
昨日はトンボの湯の周辺のオオヤマザクラが、ようやくほころびはじめましたよ。
野鳥の森ネイチャーウォチング」でも、様々な「春」を捜して歩いています。

そんな春の訪れを感じさせてくれる物のひとつが、爬虫類の姿です。
爬虫類は変温動物ですから、もちろん、暖かくならないと活動できないのです。

今日は少し涼しかったのですが、日光で暖められた板の下を覗くと、
とぐろを巻いたジムグリがじっとしていました。

ジムグリ120501-1
ジムグリ

野鳥の森ネイチャーウォッチング」で見つけた時は、一度逃げてしまったのですが、
夕方に再び見に行くと、同じ場所で同じようにとぐろを巻いていたので、
撮影する事ができました。

ジムグリ120501-2

ジムグリは「地潜」から来ていて、見つかるとすぐに地面に潜っていってしまいます。
といっても、硬い地面を掘り進む訳ではありません。
ネズミなどが掘ったトンネルを利用して、地中に身を隠してしまうのです。

口先がまるく「つるん」としていて、いかにも潜るのが得意そうです。

他の石の下には、ニホントカゲも丸くなっていました。

ニホントカゲ120501
ニホントカゲ

昨日の「野鳥の森ネイチャーウォッチング」で捕まえて観察した個体と、
たぶん同一個体です。
さんざんもてあそんだのでちょっと心配だったのですが、元気そうですね。
顔のアップを撮ろうとしたら、あっという間に逃げられてしまいました。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード