今年もアノ看板を・・・

今年も毎年恒例の、カエル注意看板を設置しました。

カエル看板120402

例年、3月末になると、トンボ池でヤマアカガエルが産卵します。
湯川の水底で冬眠していたヤマアカガエルは、
この道路を横断してトンボ池に移動するのですが、
その際に交通事故で命を落とすカエルが多いのです。
そんなカエルの横断に注意して、車を運転してもらおうという看板なのです。

しかし今年は冷え込む日が多く、今日も朝は氷点下、
まだトンボ池では産卵が始まっていません。
でも日中になると氷が溶けて、水面が出る面積も広がってきました。

トンボ池120402

きっと産卵までももう一息。
次に暖かい雨が降ったら、カエルたちが産卵するでしょう。

さて、トンボ池に水面が広がるようになると、
今年もあのカップルがやってきます。

マガモペア120402

そう、ヤマアカガエルを食べに来た、マガモのペアです。
ここ数年、春になると必ずやってきては、カエルをばくばくと食べます。

トンボ池にはカルガモも、カエルを探しにやってきます。
しかし・・・

マガモvsカルガモ120402

マガモのオスが猛然とカルガモに襲いかかり、追い出してしまいます。
どうやらトンボ池を、2人専用のレストランにしたいようです。

カルガモ120402

かわいそうにカルガモは、氷の上に追いやられてしまいました。
マガモはさらに、氷の上に上陸してカルガモに迫り、
結局、カルガモをトンボ池から追い出してしまいました。

このマガモのカップルは、どうやら毎年、野鳥の森近辺で繁殖しているようです。
ですのでメスが巣で卵を抱くような時期になるまで、トンボ池によくやってきますよ。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード