オスとメスでは性格が違う?

軽井沢は今朝も冷え込みましたが、日中は良い天気で暖かです。
トンボ池の氷も、日当りの良い部分から、徐々に溶け始めています。

エサ台にはいつものカラ類に混じって、
カワラヒワのつがいもやってくるようになりました。

カワラヒワ120327-1
カワラヒワ

カラ類が地面にまき散らしたヒマワリを拾っています。
写真では手前の色が薄い方がメス、後ろの色が派手な方がオスです。

じわじわ近づいたのですが、オスが警戒して木の枝に飛び移りました。

カワラヒワ120327-2
カワラヒワ♂

枝に止まって「キリリリ」「コロロロ」と小声で鳴いています。
メスに「へんな奴が見ているから、そろそろ行こうよ~」といっているのでしょうか?

しかしメスはというと・・・

カワラヒワ120327-3
カワラヒワ♀

いつまでも食べています(笑)。

ペアの小鳥に接近すると、大抵オスが先に逃げて、
メスが粘っている事が多いです。
野鳥では、メスの方が食い意地が張っているのでしょうか?

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード