冬芽が膨らんできました

今日も軽井沢は冷たい強風が吹き、冬のような寒い日が続いています。

でも、春は確実に近付いています。
今日はヤナギの冬芽が膨らみ始めているのに気付きました。

イヌコリヤナギ120321

冬芽を覆っていたカバー(芽鱗)が落ちて、中のフワフワが膨らみ始めています。
たぶん「イヌコリヤナギ」という種類だと思いますが、
やっぱりヤナギ類はよくわかりません。

ちなみに漢字で書くと「犬行李柳」。
行李(こうり)を作るのに利用されるコウリヤナギに似ているけれど、
役に立たないので「犬」が付くそうです。

「イヌ~」という植物はいくつもあって、
だいたい「〇〇に似ているけど役に立たない」という意味なのですが、
大昔から人間の役に立ってきた「犬」に失礼ですよね(笑)。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん

本当に寒い日が続きますね。
でも野鳥の森でも、シジュウカラが巣箱を覗き始めていますよ。

さて、フクロウですが、確かにアオバズクやコミミズクなどは渡り鳥なのですが、
「フクロウ」という種類は一年中、同じ森に棲んでいます。
春の早い時期から繁殖するので、もう卵を暖めていても良いくらいです。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード