スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も予定通り

先日の積雪で、再び雪景色になってしまった軽井沢ですが、
どうやって春を認識しているのでしょう?
今年もちゃんと、どんぐり池のヤマアカガエルが産卵を始めました。

ヤマアカ卵塊120315
ヤマアカガエルの卵塊

今朝の「野鳥の森ネイチャーウォッチング」では卵塊が1つあったという話でしたが、
私が夕方に撮影しにいくと、すでに8つの卵塊が産みつけられていました。
ちなみに昨年も、同じ3月15日に産卵を確認しています。

ヤマアカ卵2細胞120315
2細胞期

卵をよく見ると、縦に1本の筋が入っています。
卵細胞が細胞分裂(卵割)して、2つの細胞になっている状態です。
カエルの受精卵は1つが2つ、4つ、8つ・・・と、倍々で細胞数を増やしていきます。
2細胞期ということは、本当にまだ産みつけられて数時間ということです。

ヤマアカ抱接120315
ヤマアカガエルのペア

卵塊を観察していると、一度驚いて水底に沈んでいたカエルたちが出てきました。
お腹が大きく膨らんだメスの背中に、小さなオスが抱き付いています。
少なくても産卵前のペアが、5組は確認できましたよ。
明日の朝になったら、さらに卵塊が増えていることでしょう。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。