最近のムササビは・・・

冬期は開催していない「空飛ぶムササビウォッチング」。
しかしムササビは、真冬でも活動しています。
彼らは冬眠をしないのです。

といっても寒い冬の夜。
なかなかムササビを観察しには行けません。
でも森に積もった雪の上には、彼らの落とし物がはっきりと残されています。

最近、ピッキオビジターセンターの周辺では、こんな痕跡が目立ちます。

松葉食痕120216

アカマツの枝先にある冬芽を食べた痕です。
冬芽を覆うパサパサした皮の部分が、雪の上にポロポロと落ちています。

松葉食痕2120216

こちらはアカマツの枝先です。
写真に撮ったら判りにくかったのですが、先端の冬芽がなくなっています。
どうやら切り取った枝先から、芽を食べて残りを落としたようです。

ムササビ糞120216

雪の上には、ムササビの糞も落ちていました。
水を吸って膨らんで、少し大きくなっています。
といっても直径6~7mmくらいですけどね。

空飛ぶムササビウォッチング」は3月16日から開催です。
春先は寒いですが、木の葉が開いていないと飛んでいる姿が見やすいので、
実はおすすめですよ。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード