本日撮れたての野鳥いろいろ

本日わたくし大塚は、朝一番に会議に出席し、
夜の「きらめく星空ウォッチング」の準備がはじまるまで、
どど~っと時間が空いてしまいました。
そこで一人っきりで、カメラを担いで野鳥の森を一周してきましたよ。

一人で歩いていると、聞こえるのは自分の足音だけ。
周囲の音に敏感になり、鳥の声も聞き逃しません。
目も、鳥を探すのに集中できます。

やっぱり一人の方が、
いろいろ見つけちゃうんですよね~♪

ヤマガラ111206

トンボ池のエサ台には、昨日あたりからヤマガラも来るようになりました。

ベニマシコ♀111206

アカゲラ休憩所前の草地では、ベニマシコの声が・・・
しかし目の前に来てくれたのは、茶色い姿のメスだけでした。
さらに、薮から出て来ない・・・
さかんにスイカズラの実を食べていました。

フクロウ111206

フジの蔓が巻いたカラマツの樹上に、フクロウを見つけました。
軽井沢野鳥の森では、このようなゴチャゴチャした場所が、
よくフクロウにねぐらとして使われています。

ヤマドリ♀111206

ヤマドリのメスが、オシダの葉を食べていました。
どんぐり池へ登る谷で、時々出会うヤマドリのメスは、
近付いてもなかなか逃げません。
以前にも、今年の4月25日や、2009年4月18日などに、
のんびりやのヤマドリのメスが記事にされています。
どうやらいつも、同じメスのようです。

ヤマドリ♀顔111206

せっかく近寄らせてくれるので、
顔のアップを撮らせていただきました。

しかしこのメス、まったく警戒心が無いという訳ではなく、
カラスやカケスが騒ぐ声を聞くと、
倒木の下などに身を潜めて隠れてしまいます。
どうやら「人間」を、さほど怖がっていないようです。

彼女を見習って(?)逃げないオスも出てくれるとウレシいんですけどね。
これからの季節、ヤマドリを探しにくる欧米のバードウォッチャーが大勢いるのですが、
なかなかその姿を見てもらう事ができないのです・・・。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード