樹洞にもムササビが

井上さんの報告(10月29日の記事)があったように、
最近、ムササビ巣箱にやたらとムササビが入っています。
これだけたくさんのムササビが、いままで何処で寝ていたんでしょうか?

自然の樹洞に寝ていたムササビが、みんな巣箱に引っ越した?
では樹洞はどうなってるだろう?

昨日、通りがかりに別荘地内の樹洞をのぞくと、
ムササビが寝ているのが見えました。
そこで、今朝も見に行ってみましたよ・・・。

ムササビ111031-1
「誰か見ている・・・」

いました!
今日はカメラ持参なので、車の中から撮影です。

ムササビ111031-2
「駄目だ・・・瞼が重い zzz... 」

ぱっちりおめめの方が絵になるんですがっ!!

巣箱のムササビでも、日中に顔を出したまま寝てしまう事があります。
ムササビにとって昼間の巣穴は、よっぽど安心できる場所なのでしょう。

しかし「樹洞→巣箱 引っ越し説」は否定されてしまったようです。
急にムササビの個体数が増えた? んな訳ないか。
このままずっと、たくさん見られればいいのに・・・。

「空飛ぶムササビウォッチング」は11月いっぱいです。
これからは木の葉が少なくて、滑空も見やすいですよ。
是非、ご参加下さい。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード