今はヒメヤママユの季節です

軽井沢野鳥の森も、ずいぶん木々が色付いてきています。
木の葉がどんどん落ちているので、
森の中もだんだんと、見通しが良くなってきました。

コナラ樹冠111019
コナラの樹冠

ピッキオでは昨日から、中学校の2泊3日のプログラムを実施しています。
昨日は中学生と一緒に、動物の姿をとらえるセンサーカメラを仕掛けたのですが、
その現場で、こんな虫に出会いました。

ヒメヤママユ111019-1
ヒメヤママユ

木の幹にとまってじっとしていたのは、ヒメヤママユという蛾です。
開張8センチほどの、クスサンよりも少し小さい種類です。
クスサンよりも遅れて、秋も深まった頃に羽化し、
やはり飲まず喰わずで繁殖・産卵し、死んでいきます。

ヒメヤママユ111019-2

「ふぅっ」と息を吹きかけると、やっぱり翅を持ち上げて、
後翅の隠れていた眼状紋を現します。
前翅にも同じような眼状紋があるので、2つ目が4つ目になる感じですが、
これも天敵の小鳥を驚かせる効果があるのでしょうか?

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード