樹液のはじまり

夏休みも、もうすぐ終わりですね。
今年もたくさんの皆様に、野鳥の森に遊びに来ていただきました。
毎年、夏休みの間に何度となく聞かれるのが
「カブトムシやクワガタムシはいますか?」という質問です。

いない訳ではないのですが、実際にはなかなか見つかりません。
見つけにくい理由としてよくお話しするのは、
「樹液の出ている樹があまりない」ということです。

では、樹液が出ているのは、どんな樹なのでしょうか?
種類としてはクヌギが有名ですが、コナラやミズナラ、ヤナギ類、ハルニレなど、
樹液に昆虫が集まる樹は色々とあります。
そして上記の樹種でも、クヌギ以外は野鳥の森にもあるのです。

しかし樹があれば、必ず樹液が出るというものでもありません。
今までの私の個人的な経験で言えば、
まだ若い樹で、しかも林縁の明るい場所に生えている樹が良いようです。
そして一番重要なのは、幹にカミキリムシの幼虫が穿孔していることです。

クヌギやコナラ、ミズナラに幼虫が穿孔し、よく樹液を出す原因になるのは
「シロスジカミキリ」という大型のカミキリムシです。
もっと標高が低い場所では見つかるのですが、野鳥の森では見たことがありません。
しかしついに今日、その姿を確認しました。

シロスジカミキリ産卵2

しかも産卵中!

樹皮をかじって空けた穴に、おしりの先を差し込んでいます。
よく見ると産卵中の穴の右側にも、同じようなかじった痕が2つあります。

実はこの樹では、夏の初めから産卵痕が見つかっていました。
そのため幾度となく様子を見ていたのですが、
夏も終わりになって、ようやくその姿を見ることが出来たという訳です。

シロスジカミキリ産卵1

卵が孵ると、幼虫は幹に穿孔して材を食べ進んでいきます。
するとその傷口から樹液が流れ出し、昆虫たちを集めるという仕掛けです。
さて、このミズナラは、上手く(?)樹液を出してくれるでしょうか?

ところでシロスジカミキリの出現は、温暖化の影響を連想させます。
実際どうなのかは判りませんが、今後も動向を注意しようと思います。



話は変わりますが、明日27日の朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」で、
ピッキオの「野鳥の森ネイチャーウォッチング」が取り上げられます。
当日のゲストである森口博子さんを、なんと私、大塚がご案内しますよ!

果たして森口さんの歌声が、野鳥の森に響くのか?
乞うご期待です!!

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

王子様ごきげんいかが?

 「王子様」見ましたよ「旅サラダ」。
森口博子の生歌を聴けるなんて
ラッキーでしたね。

  この夏は、リフレッシュ休暇で
「知床・釧路湿原 道東自然めぐり」に行き、
散在しすぎたので、恒例の「訪軽」は、お休みしました。

 「知床・釧路湿原」では、あまり天候に恵まれなかったのですが
やはり「北海道」。どこでも毎日自然ざんまいでした。

 その模様は「ヤマネの森」にもUPしていますので、
お暇な時にどうぞ。
※最近ミリタリーネタばっかりですが・・・。

 年末・年始には又うかがいますので、よろしく !(^^)!
 

Re: 王子様ごきげんいかが?

大阪の住人さん

ありがとうございます。
「Ζガンダム」じゃなく「けろっこデメタン」のテーマでしたが・・・
確かに生歌を聞かせて頂きました(笑)。

「ヤマネの森」時々拝見しています。
コメント残さず申し訳ありません。
来軽をお待ちしております。

足跡残します

 初めてコメント残します。山猫亭と申します。
大阪府北部にある箕面市で暮らしておりま
して、その山間部ではクヌギやコナラが多い
のですが、樹液を出している木は意外と少なく
感じられていました。
 
 樹齢が経ちすぎると、樹液が出にくくなる
傾向があるのですね。樹木が大きければ
良いとは限らないということでしょうか。

今後も訪問させていただきます。

Re: 足跡残します

山猫亭さん
コメントありがとうございます。

樹液は成長が活発な木のほうが、良く出るようです。
陽当たりが良い場所に生えている木であれば、
大きな木でも樹液が出ているのを見た事があります。
でも私の経験も限られていますので、違った例もあると思いますよ。

またぜひ訪問してください。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード