雨ニモマケズ

今日の軽井沢は、晴れたり曇ったり雨が降ったりと、
天気がめまぐるしく変化しました。

そんな梅雨時に目立つのが、草木に付いた泡のかたまりです。

アワフキムシ泡

この泡、雨が降る中でも、流されることもなく、枝に付着しています。
見かけによらず、ずいぶんと丈夫な泡なのです。

「カエルの卵ですか?」とか、「ホタルの卵ですよね?」とか言われますが、
実は泡の中には、虫が隠れているのです。
試しに泡を取り除いてみると・・・

アワフキムシ幼虫

泡に隠れた、このずんぐりした虫。
その名も「アワフキムシ」と言います。

アワフキムシは植物の導管液を吸って、栄養分を濾して暮らしています。
その余った水分に、排泄したアンモニアと分泌物を混ぜ、
「鹸化」という化学反応を起こして石鹸水のようなものを作り、
息で泡立てて姿を隠しているのです。

しかしこんな生活は、翅が無い幼虫の間だけです。
成虫になると、翅で飛んで逃げれば良いので、
泡のシェルターは使わなくなってしまいます。

今日は丁度、羽化したばかりの成虫が何匹もいました。

アワフキムシ成虫

全長11mmほどの、小さなセミのような姿です。
翅の前縁が黄色い事や、ヤナギに暮らしている事から、
どうやら「マエキアワフキ」という種類のようです。

成虫がずいぶん増えてきたようなので、
もうしばらくすると、泡のシェルターも見られなくなってしまいますね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード