謎のはんぺん

今日も軽井沢は雨模様です。
トンボ池の前で、異様な物体が落ちているのを見つけました。
見た目は「はんぺん」か「メレンゲ」のようですが、
よく見ると、白くて丸いものが混ざっています。

シュレーゲル卵塊1

実はこれ、トンボ池でよく鳴いている「シュレーゲルアオガエル」の卵塊。
白くて丸いものが卵です。

しかし何故、地上の地面に落ちているのでしょうか?
付近を捜すと、本来の姿と思われる卵塊がありました。

シュレーゲル卵塊2

水際の、落葉の下から白い卵塊の一部がのぞいています。
シュレーゲルアオガエルは、岸辺の土中に卵を産みつけます。
そもそもオスが鳴いているのも土の中。
やってきたメスも、土中に潜り込んで産卵するのです。

ですから上の卵塊は、誰かが引っ張り出したという事になります。
ここで良くエサ探しをしているのは、ハシブトガラス。
岸辺からカエルやタニシを拾い上げては、食べています。

たぶん白い物を「食べられるかな?」と引っ張り出してみたものの、
口に合わなくて捨てていったのではないでしょうか?

いつかその現場を、確かめてみたいです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード