珍味?

先日、ヒガラが変わったものを食べている姿を観察し
撮影できましたので紹介しましょう。

パリパリと良い音がするので見てみると、
なんとヒガラが持っていたのはカタツムリの殻でした。

ヒガラ110515-1
「ねぇ、それ、おいしいの?」

ヒガラ110515-2
「あげないわよ」

ヒガラ110515-3
「あげないって言ってるでしょー!!」

ヒガラ110515-4
「あぁ、おいしい?」

こんな行動を見たのはもちろん初めてなんですが、
なぜ殻なんか食べるのでしょう?

もしかしたら、このヒガラはメスなのかもしれません
(ヒガラは雌雄同色で見分けられません)。
今、カラ類はあちこちの巣箱で産卵や抱卵をしていますが、
メスは産卵で、体内のカルシウム分を消費してしまっているはずです。

私たちの巣箱での観察では、彼女達は孵化した卵の殻を、すぐに食べてしまいます。
これも失ったカルシウムを補給(というか回収)する意味があるのではと思うのですが、
森に落ちているカタツムリの殻からも、カルシウムを補給しているのかもしれませんね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私はシジュウカラが食べているのを見たことがあります。また飼い鳥であるブンチョウやセキセイインコなどにも、貝殻を普通に与えます。

Re: No title

なるほど、飼い鳥にも与えるんですね。シジュウカラやヒガラ以外にも、人知れず食べている野鳥がいるのかもしれませんね。見てみたいものです。

No title

こんにちわ~

以前から、ちょくちょく伺って拝見させていただいておりました!!
ヒガナっていうのですか、あらま、カタツムリの殻をたべるとは!!??
お産の後の、カルシウム補給なんですね~
たくましいなぁ~!
ヒト科のこちらも、歳とともに、カルシウム摂取が必要かも~(笑)

Re: No title

マルコさん
ヒガラですね~
全長11センチの小さな鳥さんです。
鳥もヒト同様、栄養バランスが大事なんでしょうね。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード